慰霊巡拝/会報/年会費

全国戦没者追悼式

毎年8月15日に日本武道館で政府主催の全国戦没者追悼式が行われます。

詳細はこちらから


沖縄県土佐之塔 慰霊巡拝の旅


毎年11月中旬に行われる、「沖縄 土佐之塔 慰霊巡拝の旅」への参加者を募集しています。
募集期間は、7月25日~10月20日ごろまで。募集要項は決まり次第お知らせ致します。

※「土佐之塔」には、沖縄戦と南方諸地域で散華された高知県出身のご英霊、1万8,545柱が合祀されております。

詳細はこちらから


戦没者遺児による慰霊友好親善事業への参加募集

遺児が、一度は亡き父等の眠る地に赴き心ゆくまで慰霊追悼を行うとともに、現地の方々との友好親善を深めることを目的とした(一財)日本遺族会主催の事業です。

是非ご参加ください。

 【 参 加 費 】 10万円
        ※集合場所までの往復交通費、帰国時宿泊代、渡航手続き手数料等は含まれて
        おりません。

 【参加資格】 ①戦没者の遺児
        ②本事業は、実施する地域(実施地域周辺の公海上にて戦没された方も含む)以外の
        方は参加できません。

 【申込方法】 在住する各都道府県遺族会事務局(高知県遺族会)

 【実施地域】 旧満州、旧ソ連、中国、ミャンマー・タイ、台湾・バシー海峡、フィリピン、
        マリアナ諸島、マーシャル・ギルバート諸島、トラック・パラオ諸島、
        ボルネオ・マレー半島、西部ニューギニア、東部ニューギニア、ビスマーク諸島、
        ソロモン諸島

詳しくは下記をご覧ください。
戦没者遺児の皆さんへ 2019年度政府補助事業(PDF)



戦没者遺骨収集帰還事業

一般社団法人 日本戦没者遺骨収集推進協会による遺骨収集帰還事業です。

戦没者の遺児をはじめ、孫・曾孫等の方々の申込みをお待ちしております。

詳細はこちらから


厚生労働省 慰霊巡拝

厚生労働省では、旧主要戦域や遺骨収容のできない海上において、戦没者を慰霊するため、昭和51年度から遺族を主体とした慰霊巡拝を計画的に実施しています。

また、旧ソ連及びモンゴル地域においては、抑留中死亡者の埋葬地の慰霊巡拝を実施しています。


【詳 細】厚生労働省ホームページ(慰霊巡拝と戦没者慰霊碑の建立)
【申込先】各都道府県 援護担当課
     高知県:地域福祉政策課援護調査担当 電話 088-823-9662/直通


高知県遺族会報

○○○○○○○○イメージ

毎月25日発行

日本遺族会や高知県遺族会の動き、また海外への慰霊巡拝や弔慰金の情報などを掲載した高知県遺族会報を発行しています。

購読を希望される方は、事務局までご連絡下さい。

1部10円(遺族会会員は会費に含む)、別途送料が必要です。

 

会 員

○○○○○○○○イメージ

 

県下各市町村の遺族会員を募集しております。

各地域の遺族会では、会員が市町村の追悼式、忠霊塔の清掃活動などに参加して英霊の慰霊顕彰を行っておりおりますと共に、県遺族会と連携しご遺族の福祉向上に努め交流を深めています。

ご希望の方は、お住いの最寄りまたは英霊のご出身地域の遺族会をご紹介致しますので、県遺族会事務局へご連絡下さい。

また、平成30年度には「高知県遺族会 青年部」を発足いたしました。詳しくは下記リンクをご覧ください。

 

高知県遺族会 事務局   電話 088-884-8700  FAX088-884-8823


沖縄県「平和祈願慰霊大行進」

沖縄県における「慰霊の日」にあわせ、糸満市から摩文仁の丘までの8.5kmを行進して、戦没者の苦難を追体験するとともに、戦争の悲惨さを再確認し、平和を希求する運動を行っております。(日本遺族会主催)

全戦域の戦没者遺族が参加可能。

【日  程】6月22日(土)~6月24日(月) 2泊3日
【宿  泊】那覇市内ホテル
【参加費用】3万から4万程度(宿泊代、食事代、バス借上げ代、懇談会経費など)
      ※自宅から那覇市までの往復交通費は自己負担
【申込方法】高知県遺族会までお電話下さい。申込書を送付します。(電話 088-884-8700)
【申込締切】5月中旬


その他の催事

・昭和館特別巡回展(平成29年度)